2007年07月06日

庭の花を撮ってみました(番外偏#2)

IMG_2666_QVGA.JPG庭で生っている実を写してみました。
改めて庭を眺めてみると結構いろいろな実が生ってます。
実がならないグレープフルーツの木とか、実生の枇杷の巨木とか、何が何だか判らないです。

さて、今の季節では最初に葡萄。
これでも巨峰なのです。
手入をサボってるので余り大きな実にならないのですけど、それでも毎年バケツに2杯程度が収穫できます。実が熟してくると葡萄独特の甘い香りで充満します。それに釣られて蜂が沢山来ます。

IMG_2664_QVGA.JPG次の写真が桃。
と言っても大きさは杏程度で白桃の豪華さは無いんです。
残念ながら食べれる程には大きくならないです。
ブロックの塀に沿って植えてあった関係で、実は歩道側に沢山ついてます。
まあ、遠目には桃らしい雰囲気があり、蜜が一杯です。
春に綺麗に花が咲くので、鑑賞用の桃と言う事にしておきましょう。

最後に控えているのが柚子です。
IMG_2660_QVGA.JPG未だ直径で2cm程度ですけど、本物の柚子で、ピンポン玉程度まで成長します。
このサイズでも切るとシッカリと柚子の香りを発散させて、和食には必須のアイテムです。
実は、昨年末に駐車場の拡張で移動したのですけれど、調子が悪くで枯れる寸前まで行きました。何とか生き延びてるけど、未だ要注意の木です。

ではまた、


ラベル:果実
posted by toshi at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。