2007年08月16日

英語会議

最近は海外ベンダー対応の英語通訳が殆ど。
べつに好きな訳ではなく、使いやすいから仕事が廻ってくる。

適当に参加させとけば英語の仲介程度は出来るとの判断だと思うけれど、本当は海外折衝の貴重なチャンスを放棄している事を判ってない。英語はコミュニケーションの道具だから、相手が何を言っているか判らない場面、修羅場で失敗しながら少しづつ身につくのですょ!
会議を積極的に進めて、英語で窮地に陥ったら助けを求めれば良いと思う。英語が公用語の会議で日本人同士で英会話するのは感じ悪いかもしれないけど、いいとこ取りをしてご自分のスキルを向上させて欲しいです。

そう言えば、英語で事情説明する場合には誤解を生まない様に細かい事から順次積み上げて説明する癖がついてしまった。日本語で書く時にも細かい事から書く訳で、クドイ爺さん言葉になってる気がするし、嫌われる理由だろうな!


ラベル:海外 英語
posted by toshi at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | MBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。