2011年06月04日

Short trip to San Francisco

Came back from a short trip to San Francisco.  Atmosphere in SF is always friendly and my favorite seafood restaurant at the Fisherman's wharf was still delicious.  Wine train tour at Napa was enjoyable and the visits to winery were also very enjoyable. IMG_0812s.jpg
ラベル:Napa Winery Travel
posted by toshi at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年末のニューヨーク

このBlogの更新は久しぶりです。2009年の12月、本当に久しぶりにNYCへ出掛けてきました。
仕事で頻繁に来ていた頃とは空港は様変わりで、空港からマンハッタンまでのタクシー料金は均一$45+有料道路通行料となっていました。地下鉄もトークンでは無くてプリペイドカード。
大変な様変わりで、一つの時代が変わった感じでした。
それでも、奥方と久しぶりに散策したセントラルパークも、街中のDELIも心地よく、楽しい時間でした。

ニューヨークの街角.jpg  ニューヨークの街角(ブルックリン橋から).jpg

到着した夜からNYCは猛吹雪で、翌朝のTVは積雪に伴なう交通渋滞と事故情報ばかり、
写真上左はホテル前の7Thで、積雪はおよそ15”でした。
(写真上右はブルックリン橋から眺めたマンハッタンです)

街中を散策しているだけでも東京とは違った情報や視点が溢れていて、自分の頭の中が凄くリフレッシュされて行きます。奥方も米国で教育を受けているので言葉のブラスとレーションが少ないのでしょう、とてもハシャいで楽しいクリスマス散歩ができました。

2009年はLehman shockの影響もあり、仕事環境は決して良好とは言えない状況でしたけれど、ブルックリン橋を渡りながら色々と考える事が出来たのは一歩前進。
何かと集中する事が出来ずに流されてしまった2009年を猛省すろと共に、2010年の方針が見え始めたのはとても良い短期渡米でした。
それにしてもNYCは近かったです。

2009年は残り数時間で終わりますが、
2010年は良い年にしましょう!

Where there is a will, there is a way!
ラベル:MBA 2009
posted by toshi at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

海歩き、山歩き、そして海外?

DVC00079.JPGPicasaを眺めていたら屋久島の写真とかがあった(写真は縄文杉を再掲載)。出掛けたのは2005年だから既に2年前の事だけれど、全く昨日のイベントの様な気がする。縄文杉までは片道5時間の道程(朝4時出発夕刻帰着)。登山は最後の2時間程度でもウイルソン株まで行ければ良いと思っていた。長期入院後は怖くて山に行けなかったけど、人間って結構大丈夫。

そういえば、学生時代は珊瑚礁の海に魅せられて与論島から八重山諸島を泳ぎが駄目なくせに渡り歩いたのに、卒業するとアイゼンを付けて白馬大雪渓経由で標高2100mの鑓温泉に素っ裸で入ってた。北アルプスで雷鳥親子が最優先と学んだのは、重い荷物を背中に背負って行く寡黙で清々しい山男山女達からだったね。
Lake Louiseでは早起きしたら外は一面の雪景色。そのままハイキングに出掛けたら氷河近くでJapanese Backpackerとか言われた。でも、山小屋のフランスパンとシチューは美味しかったぞ!

さて、MontanaのNTSは今回も来ないし、未だ幸運の女神はそっぽを向いてるらしい。
あと1日待って来なければクレームしよう。
ラベル:登山 八重山
posted by toshi at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

平原綾香コンサート 〜そら〜 #2

04102007105_240x320.jpg7月1日、平原さんの2007年コンサート最終日の東京フォーラムに出かけてきました。
今年は初回の横須賀に続く2回目のコンサートです。 <=隠れファンです!

彼女の歌声が単純に好きな訳で、MAX(沖縄発の4人組みです)の時と違い、どちらかと言うと静かに聞いていたい平原綾香です。

歌を聞いて心安らぎます…今回も約2時間聞かせて頂き、癒されて帰ってきました。
コンサートは年齢層がとても広く、且つ平均年齢が高い気がします。
後ろの席に座っていた不思議なカップルも男性は50代、女性が20代とお見受けしました(でも親娘では無い模様???、ファン談義に花が咲いてました)。

DSC00041_QVGA.JPGさすがに東京フォーラムAは広くて大きいです。
両側にTVカメラ、正面にもTVカメラが入って、何か三方をTVカメラに囲まれた場所でしたけど、良い場所で嬉しかったです。

さて、今回の平原さんは膝下までのパンツ姿、雲と空のジャケット、真赤で背中が大きく空いたドレス、それから肩が露出した白いドレスで大サービスでした。
もちろん、専門分野のサックス演奏付きです。

DSC00042_QVGA.JPG肝心の歌声はと言うと、いつもの澄んだ声で殆ど最初から最後まで歌い続けでした。
今年のテーマは“空”だけど、やはりジュピターはいいな!

ご苦労様、ありがとうございました。
沢山の元気を頂いた気がします。

少ししんどいけど、
頑張って来年のツアーもきっと行きます。
それから、早くツアーDVDが発売になると嬉しいです。
ラベル:平原綾香
posted by toshi at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

シュノーケリング!

これで今回のグアムも最終日、次に来るのは何時かな?
それにしても時差が少ないのは楽ですね、ハワイも好きですけど、時差と飛行機が嫌です。

IMG_2749_QVGA.JPGさて、今回はホテル前の海岸で少し水浴びしました。
ホテルの部屋から眺めたリーフの海(写真)は青い綺麗な部分と黒いさんご礁(岩)が斑に見えます。
そう、砂地の部分はコバルトブルーの綺麗な南海の遠浅のプールですけど、さんご礁の黒い色の部分には間違いなく魚が沢山いるはず(ハワイのハナウマベイと世論島で検証済みです)。

早速に海に入ってみて、黒い部分は岩場で足の裏が痛い痛い、通り越して遠浅の砂場に出ると殆ど胸位の深さで快適なプールでした。勿論、さんご礁(岩が露出している場所)には遠目にIMG_2733_QVGA.JPG40cm(本当は30cm程度?)もある熱帯魚が泳いでました。
この場所は水中メガネにシュノーケルを付けて、足には足袋か運動靴(近所のK−Martで$6.99で売ってる)を履いて入れば快適と思います。次回はメガネとシュノーケルを持参のつもり。

それにしてもホテルに滞在している人達は殆ど海に入らないでプール生活。勿論、プールサイドの木陰では本も読めるしビールも飲めるので快適なのですけど、飽きたら、熱帯魚を追いかけながらのシュノーケリングも楽しいですょ!
posted by toshi at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

一転旅行気分(グアム一周)

試験が終了し、一転して旅行気分満載の一日休日

寝坊して10時頃にレンタカーを借りにホテル内のデスクへ向かう。
本当に暇そうにしていたAVISの担当者(女性)に「あのー、車はありますか?」
返事は、「ここからここまでは$44/日です」
最終的に借りたのはトヨタの小型車で、ビッツをセダンにした小さいモデルです。
一日当りの保険料等が別途$38/日程度必要で、結構な金額になりました。

島を凡そ一週して夕刻には返却する予定です。
さて、最初に向かったのは島の南北を繋ぐ1号線を右折、昨日通ったBank of Hawaiiを通過して一路南へ!

IMG_2671_QVGA.JPGどんどんと行くと四車線の左2車線が左折、
右側が直進の箇所を通過した途端に正面が米軍施設と判明し、直前でUターン。
一生懸命に右折してホッ!  <<==旅行者は間違えると思います!!!

しばらく行くと最初のチェックポイントのスペイン小橋に到着(写真上)。
この辺りの解説はグアム観光局の観光案内に詳細があります
何せ森の中に隠れてるので、殆ど気が付かないと思う程に小さい橋で、現在は横断禁IMG_2678_QVGA.JPG止でした。

次がソレダット砦、何か判らないけど大砲が置いてあって、砦の雰囲気はあります。
(トイレ等の設備も綺麗に整備されていて、さすがに観光地で、日本語の案内もありました)
売店も一切無く、もちろん自販機も無い、人も殆ど居ない場所です。
恐らく島内一周観光バスにでも乗らないと来ない場所だと思うのです(島のカップルがIMG_2679_QVGA.JPG一組だけでした)。

ここから見渡す対岸には黄色の教会が緑に溶け込んで絵になってました。
途中通過して来たのですけど、適当に古い佇まいで、古き良き時代を感じます。この島には本当に沢山の教会があります。

この辺りは既に島の雰囲気がタモン地域とは全く変わってます。
何かハワイの郊外と似た雰囲気で、さすがに南の島の郊外と言う感じを受けます。
はっきり言って何も無いです。細い道の両脇に時々ポストが立っていて、奥まった所に小さな家が建ってます。

IMG_2698_QVGA.JPGそれから、きらびやかなスーパーマーケットやコンビには一切無いです。最初は買い物は何処へ行くのか不思議だったのですけれど、これは直ぐに判明しました。

村には最低でも一軒以上の万屋(ヨロズヤ、小さいスーパーマーケット)が有ったのです。窓が全く無い汚い建物で、入り口が納屋の扉の様だったので気が付きませんでした。(写真は島の反対側の大都会(?)で撮った写真なので、入り口が判り易いですけど、殆どのお店は遥かに小さくて…

途中に面白い岩がありました。IMG_2684_QVGA.JPG
正式名称はBear Rockと言うらしいのですけれど、どう見てもプレーリードッグを思い浮かべる姿の岩です。
綺麗な湾を廻る水平線すれすれの道路の反対岸に見えるので、一瞬嬉しくなります。

さて、一周旅行もタルフォフォの滝辺(横井さんが隠れていた地域)りでほぼ80%が終了になります。
ここは入場料を$20も取るのです(レンタカー割引で$17)。
中に入るとロープウェイで谷を渡り滝の脇に降り立ちます。
川には魚も泳いでいて、横井さんは食べる物は結構あったかもしれません。
それでも人が住んでいる地域から車で5分程度の地域で隠れていたとは、教育は恐ろしいです。

IMG_2708_QVGA.JPG最後に寄ったのはUniversity of Guam(UoG)のキャンパス。
残念ながら学校は完全にお休みで、当然Book storeも一切が閉まってました。
受験用に会計関連単位を約20 Credit程度は取得しましたから、一応UoGの受講生です。
一言、ここのキャンパスは限りなく開放的で明るかったです。

さて、帰り道はグアムで唯一のOutlet米国式のスーパーマーケット(西海岸の常識では中程度)に寄ってお買い物のつもりが、殆ど何も買わずに終了。
それから、土曜日は何と07/07/07、ラッキーな日だったのです。
ラベル:グアム 一周
posted by toshi at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

上海週末休暇(3)街角写真

IMG_2555_QVGA.JPG今日は帰国の日、朝からPCの前でBlogのUPDATEでした。
勿論、午前中は近所の散歩をしてきました。

上海はとても不思議な街で、超近代的な面と昔が共存しています。
社会組織は共産主義と言うけれど、上海に居る限り資本主義が幅を効かせているとも思うし、やはり共産主義が全面に出ている面をあったりするのです。

まず最初の写真は香港でも有名なアパートの物干し竿の林、結構高層住宅なのに各部屋の外には必ずと言って良いほどに棒が生えています。でも、同じ界隈にある別のマンション(?)には一本も竿が無いのです。この混在の風景が至る所にあるのが上海です。

IMG_2563_QVGA.JPG二つ目が自転車と輪タク。これは上海市内では無いのですけれど、ほんの少し郊外に出た場所の風景です。
車で街の中に入ると主役は自転車、カブ(50ccのバイク)となります。本当に映画やニューズで見る自転車の大軍団が道路を占拠して走っていました。

写真は朱家角へ行く途中の道を写したのですけれど、帰りには輪宅タクが数十台も列を成して人待ちをしている風景に遭遇しました。これは本当のエコ・タクシーで、再度世界を席巻するかもしれないです(京都は力車だけど、いい勝負)。

IMG_2644_QVGA.JPG最後が上海が世界に誇るリニアモータカーで、空港と街中(もう少しで上海にとどくのに惜しいです)を結ぶ夢の高速鉄道です。もちろん乗車して、時速430Kmを経験してきました。
一言、凄いです。日本の新幹線の最高速度270Kmまではアッと言う間で、その先400Kmを越えて430Kmで疾走する時の感じは何とも言えないです。
この速度は感動的でした。

何処かの国と違い、ここは既に営業運転です(本当は試験営業らしい)。
誰でも40元(航空切符を持参の場合)払えば乗れるので是非ともお試し下さい。
ラベル:上海 街角
posted by toshi at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

上海週末休暇(2)朱家角

IMG_2569_QVGA.JPG昨日は上海から車で凡そ1時間程郊外に出た朱家角までドライブでした。

ここは古い中国の町をそのまま観光地化した場所、昔は入園料も何も無かったとの事ですが、賢い中国の人が駐車場等を整備して観光地にした様です。故に、この地域は観光客が列を成して歩く裏側では普段の生活が平行しているのです。街(写真上)は水路を中心にして細い路地が網の目の様に張り巡らされた迷路でした。

IMG_2579_QVGA.JPGまず、雑多な感じの駐車場を抜けるとゲートらしき建物が在り、入園料(?)の10元を徴収します。
路地に入ると、車が通れる幅は無いので、人と手押し車がひしめき合う事になっています。
確かにハシケのタクシーに乗ると、運河の両脇では縁側(?)に腰掛けてビールを飲んだり、洗濯物を干したり、叔母ちゃん達が雑談したりの普段の生活が垣間見れて興味深いです。もちろん、観光客を対象とした雑貨屋さんやお土産物売りが沢山出来ているのは観光地の証かもしれません。
IMG_2572_QVGA.JPG
この地の名物はチマキで、細い路地裏沿いに沢山のお店が軒を連ねています。
各々がご当地で最も美味しいと主張するのですけれど、やはり味はお店毎に違う訳で、地元に聞くと美味しいお店を教えてくれます。買い食いしたのは肉が入ったチマキ、ゴミが出ない様に中身だけ出して包んでくれました。
これが美味しい!

最近の上海と言うと新世界やテレビ塔に代表される超近代的な町並みが前面に出ますけど、郊外に出ると不思議な世界が沢山ある様です。
実は上海市内に戻る途中で巨大な卸売り市場に寄りました。各ブロック(これも広大です)毎に商品問屋が集約されていて、とにかく規模が巨大でした(お茶を購入)。

たぶん続く、
ラベル:上海 朱家角
posted by toshi at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

上海週末休暇(1)新世界-更新

IMG_2539_QVGA.JPG一年ぶりに上海に到着。
早速チェックインしたホテル”Hotel Carolina”は開業直前のPRE-OPEN.
受付から皆さんぎこちないのです。

それはさておき、部屋は半二階がある大きな部屋で、今回の合同合宿(?)の集合場所を兼用してます。そう、ホテルのロビーに直結したライブラリーにはWindowsのPCが2台あるのですが、両方ともレノボ製で、画面は中国版のWindows XP(画面の文字化けではありませIMG_2547_QVGA.JPGん)。中国だな!実感した瞬間でした。

ホテルで一休みした後は夕食時間まで引き続きお友達推薦の新世界へ!
ここは上海でもとても特別に綺麗な地域で、東京やNYのファッション街と等と全く引けを取らない地域です。もちろん、出没する人達も綺麗に着飾ってるし、外人達も多く散策しています。
今回は何故か日本からの観光ツアーの方々が多く、少なくとも5組程度が旗の下で集合時間の説明を受けていましした。
でも、この地域は物価が超高いので、レストランやショッピングを楽しめるのはごく限られた人達と思うのです。

続く
ラベル:上海 新世界
posted by toshi at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

今週末は上海!

何故かわからないままに明日の早朝から上海に行きます。

何で今頃に上海なんだろう?
疑問が沢山あるけど、とにかく明日の午前便で奥方と上海まで中華三昧の週末を過ごしに行きます。
昨年は5月頃に出かけたので凡そ一年振りだけど、やはり何で?

先日、上海から一時帰国していた素敵な方と再会のお約束をしました。けれど、こんなに早く叶うとは思わなかったです。
不思議ですね、彼女の旦那様はこれまた映画で主役を張れる程のかっこ良さです。

さあて、明日は5時に起きるぞ!
ラベル:上海
posted by toshi at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

伊豆の別宅へ

IMAGE_007_240x320.jpg別宅と言っても旧友の別宅です。
連休後半は在宅と聞き、一泊二日で温泉を頂に行く事にしました。

事前の道路渋滞情報では、5月4日〜5日が帰郷ラッシュで大変な混雑となるとか!
帰りの渋滞は忘れる事にして、意を決して3日の朝に東京を出発、
東名高速は既に入り口から渋滞との情報なので第三京浜から町田へ抜ける事にしました。ところが通常は全く渋滞しない保土ヶ谷バイパスの入り口で大渋滞(ローカルの話題ですみません)、何と横浜のお祭りによる道路遮断が原因らしい。この連休中にしなくても...と思いつつも我慢我慢。
以後は東名高速も小田原厚木道路も順調で、常時渋滞の海岸線を避けてスカイラインをひた走る走ること数時間、比較的軽快に伊豆高原に到着です。

高原駅前のスーパー駐車場で旧友夫婦と合流し、食料を十分に仕入れて一路お宅へ。
流石に途中の主要国道は大渋滞でした。
IMAGE_010_240x320.jpg到着後は明るいうちから温泉を頂き、ビール片手に経済論から社会論まで深夜まで話は尽きないです。

さて、翌日は海岸まで食事前の運動。
昼食予約してあったお店の駐車場に車を置いて徒歩でつり橋まで散歩しました(写真上)。ここはTVのサスペンス劇場に頻繁に登場する場所で、つり橋の下をドラマを思い出しながら覗く事になるのです。今日はキャンプ中のカップルでした。

散歩から帰って昼食のお店へ、
途中に大昔のポストが現役で活躍中でした(写真下)
この赤いポスト、昔は凄く大きかったと思うのに、それ程でもないのです。
子供と大人の目線の違いが面白いですね!
posted by toshi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

茂木へ遠足

今日は早朝6時から茨城のツインリンク茂木まで遠出しました。
目的は”DE耐”の観戦

IMG_2403_320x240.JPG125cc以下のバイク耐久レースで、小さいバイクが何と156台も集まって7時間の長丁場を競うお祭りでした。柄は小さくてもやはりバイクレース、サーキットは凄い爆音が響き、人人人の盛況でした。

大型バイクと比べると確かに一台毎の迫力は負けるけど、とにかく156台ものバイクが一斉にトラックを走るのは精悍!
中心となるバイクがホンダ製で、更に、参加ライダーは最年少12歳から61歳までの広い層でした(写真は表彰台の最年少ライダー)。

女性ライダーが非常に多い事にも驚きでした。
それも確認できた範囲ではモデル並の美女ばかり! <=事実です!
緊張感と充実感が彼女達を綺麗で魅力的にしているのかもしれないですね!

IMG_2371_320x240.JPGもちろん、レースでお約束のレースクイーンも沢山。今回はメイド姿のレースクイーン(?)も結構居て楽しかったです。
そう言えば男子ライダーも何故か皆さんカッコ良かったです…

耐久レースはとにかく長期戦なので、気分転換にスピードウェイをゴーカートで走ってきました(写真下)。直線では最高300Km/hでレーシングカーが走る場所をゴーカートはトボトボと走ります(アクセルを床まで踏んでも超安全速度)。
普段は入れない場所だし、まあいいか…
ラベル:de DE耐
posted by toshi at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

京都2007(3)哲学の道

IMG_2248_240x320.JPG京都で気に入って散歩するのが哲学の道です。
ここは常宿にしているホテルから南禅寺を経へて気軽に行ける場所です。
哲学の道の途中で法然院も何故か寄ってしまうのです。

今回は四条の花吉兆で昼食、智慧の道を歩いて知恩院で頭が良くなるお願い、翌日は哲学の道を散策して白沙村壮で昼食でした。
う〜ん、頭が良くなりそうな経路を歩いてきたのです。

哲学の道は表通りから入るのは慣れるまで少し注意がいります。
入り口の道路標識が判り難い事、細い上り坂の道だからかもしれません(写真上)。
IMG_2258_240x320.JPG坂を上りきった場所に南禅寺方面からの急な流れがあります。
左に折れて、哲学の道の始まりです。

この辺りは流れが急なせいか、鯉が住んでます。
流れに沿って少し歩くと、流れの反対側に茶席があるので(写真中)、ここで抹茶を頂く事に...




IMG_2261_240x320.JPG暫しの休息の後、流れに沿って更に更に歩くと写生をしている一団に遭遇しました(写真下)。揃って川下を向き、一心に鉛筆を動かしているのです。
何か羨ましい余裕の方々でした。

暫し歩いてくと急激に人口密度が上がって、銀閣寺入り口で哲学の道は終わります。
この辺りまで来ると流れの両脇も森から家並みに変わってきています。

時計を見ると、既に昼の時間を過ぎてました。
近状のお店を覗いてみたのですけれど、やはり雰囲気重視で白沙村壮の定食(¥1780)に決定。
posted by toshi at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

京都2007(2)花紀行

京都の桜は蕾でした。本格的に咲くのは3月27日頃との事です。
それでも花が沢山ある訳で、今回は京都の花のまとめです。

IMG_2231_320x240.JPG最初が知恩院下の桜です(写真上)。
ソメイヨシノはまだ蕾が綻んできた状況で、本格的に咲くのは月末頃との事です。それでも気が早い桜は既に3分咲きの状況にありました。






IMG_2243_320x240.JPG次の桜(写真中上)は南禅寺の大門下で咲いていた桜。
ここは風が無く比較的暖かなせいか、満開になっていました。







IMG_2265_320x240.JPG三叉の花(写真中下)です。
赤い花もあったのですけれど、ここには一般的な黄色の写真をのせます。
哲学の道の角々に咲いていて、桜が咲いた時には色合いのバランスが綺麗だと思います。





IMG_2266_320x240.JPG最後が桃の花(写真下)です。
哲学の道の途中、ポツンと一本だけ綺麗な桃色の花をつけた木がありました。
満開で、木全体が桃色で、凄く目立っていました。






花の写真は携帯電話のカメラではなくて、キャノンの1SISで撮りました。
背景をボケさせたかった事、枝が遠いので望遠を使いたかったからです。
勿論、背景をボケさせる常道で、ズームで画面一杯に拡大して、絞りを開放にして撮っています。
ラベル:京都 花
posted by toshi at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

京都2007(1)

久しぶりに春の京都へ出掛けました。

IMG_2211_320x240.JPG勿論、新幹線は500系を選択。
この500系はJR最速なのに、以外に人気が無くて3月末でJR東海から引退らしいのです。もっとも、本当の理由は他の300系や700系と座席配置が異なるので座席予約や運行管理が大変な事が原因らしいのです。合理化の一貫かもしれません!

と言う訳で、今回も往復共に500系に乗車して来ました。
この独特の姿も関東では見納めと思います。

今回の京都行きの目的は、
IMG_2217_320x240.JPG(1)蹴上の都ホテル(Westin)に泊り、南禅寺を経て哲学の道を散歩する
(2)最近は夕食を食べすぎる傾向があるので、昼食を豪華に食べる
(3)とにかく歩く

春分の日は早起きをして、朝一番でお墓参りをしてから一路新横浜へ向かいました。お寺では普段締め切っているお堂を開け放ってお勤めをしていました。お坊さんは寒くても外気を背にお勤め大変そうです。

さて、家に寄って荷物をまとめて10時過ぎの500系のぞみで一路京都へ(写真上)、
12時過ぎに無事京都に到着、その足で花吉兆(写真中、気張って予約しました)へ昼食に向かいました。

IMG_2221_320x240.JPG沢山ご馳走になった後は徒歩て蹴上の都ホテルへ
来てみてわかった事は、21日まで東山花灯路と称して、東山一帯の主要通路に清水焼の路地行灯を灯す行事を夕刻6時から9時30分まで開催していました。
道の両脇に凡そ2mおきに灯篭が置かれて、なにやら古風な雰囲気の道を辿り、途中知恩院(写真下)に寄り道しながらテクテク...

何時のまにか京都に来ると都ホテル(今はWestin)泊りが定番になってしまいました。このホテル、京都が見渡せるので気に入ってます。
でも、Westinになってから外人さんが極端に増えた気がします。
ラベル:京都
posted by toshi at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

伊豆へ

昨日は朝から伊豆へ温泉に入りに出掛けていました。

朝6時半に起きて8時過ぎには家を出たにも係わらず、横浜の16号線は大渋滞、おまけに雪らしきものが降ってくる最悪の条件。YAHOOの天気予想では昼前から晴れになるとの事だったので安心して傘の用意もせずに出てきたのに...

03172007059_320x240.jpg渋滞の先頭ではBMWとワンボックスが事故を起こしていました。雰囲気はBMWの無理な割り込みの模様、気をつけて運転して下さい、他人への迷惑が甚大です!

東名高速へ合流すると比較的流れは順調で、小田原までは一気に到着。
ここで何時もの様に”すかいらーく”のモーニングサービスをゆっくりと食べて外に出ると、何と箱根はチェーン規制なのです。仕方無しに海岸線経由で伊豆半島へ向かう事にすると大渋滞。何と目的地近くの伊豆高原駅に到着したのは午後の2時過ぎ、天候は小雨、気温は4℃の寒さです。
そう、伊豆高原も箱根も凄く寒いのです!

03172007060_240x320.jpg朝の6時頃に目を覚ますと外からは鶯の鳴き声が聞こえて、気分爽快。
尤も、8時頃になると”ホーホケキョ”と啼けない未熟者鶯の”ホー、ホー、ケキョ”に少し興醒めになります。まあ、大目にみて来年に期待しましょう!

伊豆も最近までは暖かだった模様で、犬の散歩に付き合って携帯のカメラでパシャパシャ撮った道沿いの植木には花が沢山ありました(写真左上&下)。それから、別荘地域は空き家の結構多く、静かなせいか、目白の番やリスとも沢山出会いました。

さて、近所にある桜の里では彼岸桜が咲き、そろそろ桜の季節が始まってます。
今週末位から本格的にソメイヨシノの桜の季節かもしれません。
ラベル:春一番
posted by toshi at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

GUAM紀行2007.2(2)食べ物

さてさて、GUAMにはPremium Outletもあれば地元志向のショッピングモールもあります。ツアーに参加してグアムに行くメリットは観光地の拠点連絡バスに無料乗車できる事でしょう。今回はThe Shopping Busと称するショッピングセンターと海岸のホテルを巡回するバスに乗り放題でした。このバス、サンフランシスコのケーブルカーに似せた格好で雰囲気を出してます(タイヤで走るので、何だかね…)。

20070208006_320x240.jpgホテル前から乗車して、まずはアウトレットへ直行。
特に欲しい物は無いのでウインドーショッピングのみです。何せ、ホテルが集中する界隈には世界のブランドショップが軒を連ねて銀座顔負けの町並みになっているのですから…

ここでの唯一買った物はチャモロ風御飯(写真左上)、モールの食堂街に沢山並ぶお店でも特に地元の人が列を成して買っていた店(RAMBIES)なので、何が美味しいのか試しに買ってみました(約$6)。焼き飯の味は少し薄く、右上は肉じゃが風、左上はココナツミルク味の煮野菜です。更に、上に乗っている串は豚のバーベキューです。このセット、見かけとは違って結構美味しいのです。

10022007025_320x240.jpg次の写真は地元のショッピングセンターの食堂街で購入したロコモコ(お店の名前は忘れました)。地元の人が並んでいた店なので買ったのですけれど、店の本当の目玉はヤキソバや野菜炒めの鉄板焼の模様で、ロコモコはソースの味がイマイチでした。
写真のPepsiの中身はRootBeerで、日本の内地では駆逐された飲み物です(何故か沖縄では健在)。昨晩のDr Pepperに続く米国飲料を試しました。何とも言えない味、嫌いではないかも!

11022007030_320x240.jpg次のスペアリブ(実は一切れ食べた後です)は帰国日の昼食に食べたお店(Sam Choy's)で、ツアーが必ず帰りに寄るDFCの真向かいにあるのです。
DFCに到着すると漏れなく食事10%割引券を頂けるので、券を受け取った足でDFCを出て正面道路反対側にあるSam Choy'sに昼食に出かけました。ランチメニューも複数あるのですけれど、BBQ(約$15)は美味しかったです。

たぶん続く、
posted by toshi at 00:08| Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

GUAM紀行2007.2(1)

JALは行きと同じく数十分遅れて8PM頃に無事に成田に到着しました。
GUAMの携帯電話環境はパケット通信不能でMMSが使えない事は携帯の話題にする事として、暫し試験後の気分転換の事を綴ります。

HotelBeach_320x240.JPGホテルは湾のハズレに位置している老舗に宿泊しました(写真左上)。
実は部屋からの展望はとても綺麗で、試験終了後(既に6時頃)はホテルに直帰して部屋のベランダから外を眺めていました。
もちろん、勉強道具は鞄にしまい、代わりにHarry Potter#6が残り1日のテーマです。次の7作目を既に予約をしているので、発売される7月21日までに読み終わる必要があるのです。
星の砂_320x240.JPG
グアム島は南北で島の構造が変ってるのだそうです。ホテルが沢山建っているタモンビーチは珊瑚礁に囲まれた海で、海岸も珊瑚礁の砂なのです。と言う事で、海岸の砂には沢山の星の砂が混ざっています(写真右上)。実は星の砂は日本でも与論島以南では比較的普通に見受けられるのですけれど、グアムの海岸の星砂密度は高いと思います。久し振りに星砂と戯れていい感じでした。
(実は、砂を手ですくうと全部が星砂の海岸が日本にあるのです。場所は秘密)

BankOfHawaii_320x240.JPG翌朝はホテル内を散策した後、半日観光バスに便乗しました。
最初に停まったのが日本軍との戦いの跡地(グアムの殆どの地がそうです)で、ハガーニャ(HAGATNA)の街が一望出来る地で、試験センターがあるBank of Hawaiiのビルが眼下に見えるのです。ホテルから試験会場のBank of Hawaii(写真左下の中央に見えるビル4階)まで往復$50も払いましたけれど、何とグアムの観光地を巡る無料バスが道路を隔てたチャモロセンターまで来ている事が判りました。つまり、ツアーでグアムのホテル街に宿泊する場合には、凡そショッピングバスの無料乗車券で帰れるかも…?

何はともあれ、初日で最終日の休暇がスタートしました。
続く…
posted by toshi at 00:32| Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

海外でSoftbankで705NKは使えるか(GUAM)

このテーマも今日で3回目です。
結論を先に言うと、グアムではMMSメールは利用出来ませんでした。

グアム島では携帯電話はSMSのみが可能と判明しました(使えない奴!)。
故に、少し込み入った事を書いて送ろうとしても駄目です…
更にMMS(S!)が利用出来ない地域を調べると、ほんの少し(本当か否かは今後の調査です)、グアムは携帯電話の視点では出来の悪い島と判明しました。
もともとMMSが使えると思った理由がMMSメールを受信した事(受信メールにMMSと記載されていた)。理由は不明ですけれど、ある条件下ではSMSメールをMMSと表記する様です…?
20070209010_240x320.jpg
ついでに、グアム島のHagatna("ハガニャ"と言うらしい)にあるBank of Hawaii4階にある試験会場に出かけたのですけど、このHagatnaには公共交通機関が全く無しとの事で、結局Tumon湾のホテルからタクシーで通う羽目になったのです(写真左:Hagatna付近の海岸)。

何と往復で$50!

背に腹は変えられないので往復でお願いする事にしました。ホテル付きのタクシーらしく、名刺には"Hilton Taxi Service"と書いてありました。
帰路、タクシーと連絡を取るために705NKのお世話になりました。

この辺りの現状報告はCPA受験で別途報告します!
ラベル:705NK 携帯
posted by toshi at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

San Francisco (6)アウトレットツアー updated

サンフランシスコの会議最終日、明日は飛行機なので今のうちに急いでPOST!

昼迄に一切のイベントが終了、帰宅する人達で早朝から騒がしかったし、朝食も閑散としていました。我々も明日早朝にホテルを引き払って岐路に着く予定なので、夕食時間まで自由時間となりました。

IMG_2048_320x240.JPG早速ホテル内のレンタカーデスクで車を借り出してアウトレットまで行く事に…
目的地は約80マイル南にあるGilroy Premium Outlet。この辺りでは最大規模だと思うけど、日本にも御殿場に同じ系列で開店してます。
サンフランシスコからはR280をひたすら南下、Mountain ViewでR85に乗り継いで更にI101へ合流して南下。San Joseから先が何時の間にか3車線に拡張されていて渋滞も無く到着。
とにかく広い敷地に沢山のお店があって、本当なら朝一番で出掛けて、10時開店から昼までショッピングが嬉しいのですけど、今回は滞在約30分+昼食で切り上げて帰路に着きました(ホテルのレンタカー窓口が5:30pmで閉まるので…)。

寄ったお店はPoloとLevi's、それから昼食のMcDonald'sでした。
こちらのお店は品数が日本のお店とは桁違いに多いです。ショッピングが大好きな方々は歓喜の涙を流す様な場所、お近くに来られた時は是非寄って下さい。

それで、何で米国のOUTLETかって?
(1)服のサイズを米国式で覚えているので、日本で買うのは大変。
(2)胴長短足でもすそ直しが要らない程にサイズがある(本当の話)。DVC10221.JPG
(3)あとは安い。ちなみにLevi’s 550は$24でした

食事も取らずに飛び出して来てたのでお腹ぺこぺこ、何かを食べねば!
米国で食事する時の最終案がマクドナルド、でもまあ美味しい訳ではないけど、何処にでもあってハズレも無い。特に意味がある訳ではないけど、久しぶりに米国マックを試して見る事にしました。

日本でも殆ど行かないけど、米国のマクドナルドの新メニューに BLTサンドがあった、これは日本に来てるのだろうか…?…早速試してみると、クリスピーチキンが挟んであるBLT風のサンドイッチ($3.99)。適当に美味しかったので、もう一回は食べても良いかもです。

DVC10226.JPG空港近くまで順調に戻って来ると少し時間に余裕があるので、Golden Gate Bridgeの麓にあるFort Pointへ少し寄り道する事にしよう!
橋の麓が公園で、橋を渡らずに市内に戻る迂回路もあります。今回は駐車場に車を置いて橋の途中まで散歩してきました。
橋を渡るには約30分を要するそうですけれど、歩道も結構な人通りで、ジョギングしている人、カップルで歩く人、目一杯観光客している人...
(写真左、お約束のゴールデンゲートブリッジ)

本日は凄い風で、橋の途中まで歩くと寒い寒い、遥か下の海面には白波が見えるし、車道側は片側3車線のハイウェーです。市側の海上には有名なアルカトラス島が見えるのですけど、海は今日も荒れていて、脱獄は難しいだろうな〜
次の機会にはアルカトラス見学に行きましょう!
posted by toshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。